CorporateGovernance

当社はコーポレートガバナンスの充実を経営の最重点課題の一つと考えており、経営の透明性、公正性、効率性を高めることで企業価値の継続的な向上を目指しております。

基本方針

(1) 株主の権利・平等性の確保

株主の権利行使のために必要な情報を適時・的確に提供するとともに、議決権行使の環境整備に努め、実質株主を含む外国人株主、その他少数株主など様々な株主の権利・平等性の確保に努めます。

(2) 株主以外のステークホルダーとの適切な協働

お客様、取引先、従業員、債権者、地域社会、美容業界関係者等のステークホルダーとの適切な協働に努め、ステークホルダーの権利・立場や健全な事業活動倫理を尊重します。

(3) 適切な情報開示と透明性の確保

法令に基づき、四半期ごとに会社の財政状況・経営成績等の財務情報を開示するとともに、経営戦略・中期ビジョン等の非財務情報についても主体的、積極的に開示に努めます。また、これらの情報が株主との建設的な対話の基盤となることを踏まえ、その正確性や分かりやすさに最大限配慮します。

(4) 取締役会の責務

取締役会は、株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ、当社の持続的成長と継続的な企業価値の向上、収益力や資本効率の改善を図るため、以下をはじめとする役割・責務を果たします。

  • 当社の経営理念、中期ビジョンを策定し当社戦略の方向性を明確に示し、遂行します。
  • 内部統制システム、リスク管理体制を整備し、経営陣による適切なリスクテイクを支えます。
  • 監査役設置会社として、独立社外監査役が過半数を占める監査役会による監査を行い、さらに独立社外取締役が過半数を占める指名委員会及び報酬委員会を任意で設置することで、独立社外役員が独立した客観的な立場から取締役に対する実効性の高い監督を行います。

(5) 株主との対話

当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、代表取締役、財務担当取締役による様々なIR活動を行い、株主を含むステークホルダーとの建設的な対話に努めます。

コーポレート・ガバナンス体制図

当社におけるコーポレート・ガバナンス体制の概要は、以下のとおりです。

最新資料

2022年06月16日

コーポレートガバナンス報告書 (502.9KB)

関連資料

2022年03月31日

コーポレートガバナンス報告書 (489.8KB)

2021年12月22日

コーポレートガバナンス報告書 (483.3KB)

2021年03月31日

コーポレートガバナンス報告書 (130.8KB)

2020年03月31日

コーポレートガバナンス報告書 (129.6KB)

2019年03月29日

コーポレートガバナンス報告書 (105.9KB)

2018年12月17日

コーポレートガバナンス報告書 (107.6KB)

2018年04月02日

コーポレートガバナンス報告書 (104.2KB)

2017年04月03日

コーポレートガバナンス報告書 (113.9KB)

2016年04月05日

コーポレートガバナンス報告書 (280.8KB)

scrollback to top